PICTURES FROM A HIROSHIMA SCHOOLYARD
ホーム
映画について
監督・プロデューサー
後援
お問合せ
English
寄付



新聞での報道

2012年8月5日
中国新聞

2009年4月9日
読売新聞

2012年7月27日
毎日新聞

2009年4月8日
中国新聞

2012年7月27日
中国新聞

2009年2月25日
朝日新聞

2010年3月19日
朝日新聞

2009年2月18日
中国新聞

2010年2月12日
中国新聞

2009年2月18日
読売新聞

2010年1月26日
中国新聞

2008年8月1日
中国新聞

2009年12月26日
毎日新聞

8月6日2007年
中国新聞 / Web

2009年12月20日
読売新聞

2007年8月6日
日本経済新聞 / English

2009年8月7日
中国新聞

2007年8月6日
産経新聞

2009年8月1日
読売新聞

2007年7月28日
中国新聞 / Web

2009年5月8日
時事通信

2007年6月25日
読売新聞



ドキュメンタリー映画

 「ヒロシマの校庭から届いた絵」

 Pictures from a Hiroshima schoolyard

 

第二次世界大戦後間もない1947年。
米国の首都ワシントンDCにあるオールソウルズ・ユニテリアン教会が、広島の爆心地付近の小学校や孤児院に、文房具や運道用具などを贈りました。

2006年。そのお礼の気持ちを込めて、小学生たちが描いた絵と書のうち、広島市立本川小学校から教会に贈られた48点が、アメリカで再発見されました。

被爆地で育った子供たちの手によって生まれた作品には、当時の夢や希望が鮮やかに表現されています。

その後、信徒たちの寄付によって修復された作品は、現在再び教会に保存されており、2010年の夏には、広島での里帰り展示が予定されています。

この映画は、作品群の軌跡を追い、戦後に太平洋を挟んで育まれた友情と人間愛を描くドキュメンタリー映画です。

 

制作中のドキュメンタリー映画:

「ヒロシマの校庭から届いた絵」
Pictures from a Hiroshima schoolyard

企画制作:

重籐・マナーレ・静美

監督・共同制作:

ブライアン・ライカード

撮  影:

マット・マーズ

上映時間:

約60分

後  援:

財団法人広島平和文化センター
広島市立本川小学校ならびに同窓会
広島市
ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティー

助  成:

米日財団

制作期間:

撮影開始 2006年10月
完成予定 2011年7月


  

ストーリー

2006年8月、重籐・マナーレ・静美は、縁あって広島から訪れた日本被団協代表者3名をワシントンDCのオールソウルズ・ユニテリアン教会へ案内した。その教会には59年前、広島市の小学生から贈られた絵と書が保管されており、教会から被爆者の方に是非見てもらいたいと招待を受けます。

教会の図書館に保管されていたのは、戦後間もない1947年に広島市立本川小学校の児童が制作した絵と書48点でした。紙箱から丁寧に取り出された作品は、59年の歳月に多少痛んでいるとはいえ、子供らしい表現力と躍動感がそのまま保存されていました。

この絵に出会った静美は、魂が揺さぶられるような衝撃を受けました。子供たちの絵に、凄惨な被爆地から甦ろうとする生命力と、人類への贖罪を見出したからです。作品の背景を記録して世界に伝え、核兵器のない平和な世界の実現を訴えることは、広島生まれの自分に与えられた使命だと決意します。教会は彼女の説得に応えて絵を修復します。

2007年夏。静美はこうした経緯を携えて広島に映画制作スタッフと同行し、本川小学校で作品の原作者を訪ね、あわせて在校生との交流を図りました。

2009年2月には再度広島で取材を重ね、秋葉広島市長ならびに財団法人広島平和文化センターのリーパー理事長に、作品の里帰りと日米の子供が交流できるイベントの実現に向けて協力を要請しました。

同年8月には再度映画制作スタッフが広島を訪ね、当時の担任教員と教え子が再会する様子などを撮影。本川小学校では卒業生を中心として「『ヒロシマの校庭から届いた絵』広島展示を実現させる会」が発足しています。

映画は、2010年夏に計画されている書画の里帰り展示で、生存する作者たちが63年ぶりに作品に再会する様子を捉え、日米子供親善交流イベントでクライマックスを迎えます。

 

これまでの経緯と今後の予定

2006年:

オールソウルズ・ユニテリアン教会で本川小学校児童が制作した書画48点を再発見。
同作品がアメリカの教会に寄贈された経緯を調査・取材。

2007年:

広島市立本川小学校で作者5名を取材・撮影。

2008年:

オールソウルズ・ユニテリアン教会で当時の証人や現在の信徒を取材、撮影。

2009年

2月: 

広島平和記念資料館において、映画予告編の上映および絵の紹介。

4月:

オールソウルズ・ユニテリアン教会で修復された絵の展示会開催ならびに映画予告編の上映。在米日本大使ご夫妻が展示会に参加。

5月:

広島の秋葉市長がオールソウルズ・ユニテリアン教会を訪問、展示品鑑賞。

8月:

再度広島市で作者8名を取材・撮影。

2010年

7月:

書画の広島展示会と日米子供親善交流を取材・撮影。

2011年:

映画完成予定。





Partial Funding by
後援団体・機関
  • Honkawa Elementary School and Alumni
  • Hiroshima Film Commission
  • Hiroshima / Nagasaki Peace Committee
    of the National Capital Area
  • Santa Barbara Toba Sister City Organization

Copyright (C) 2013 PICTURES FROM A HIROSHIMA SCHOOLYARD.